正規輸入車と並行輸入車の違い

日本で走っている輸入車の、購入ルートとして一般的なものは、正規ディーラー経由、並行輸入経由の2つのルートがあります。この違いは、どのようなものなのでしょうか?

正規ディーラー車とは

販売代理店が、輸入会社から輸入車を購入し販売しているものが正規ディーラー車です。

一般的には日本における正規販売代理店と言いまして、本国のメーカーから日本での販売権を得てしています。
正規販売代理店が、直接輸入を行っているケースもあり、この場合は輸入権も持っています。

正規販売代理店は、日本人の営業マンが国産車の販売同様に、ユーザーに車を紹介・販売します。
カタログなども国産車同様、日本語のものがそろっていますし、メンテナンスに関しても、責任を持って対処しています。

メーターやナンバープレートの取り付け部分などに関しても、日本仕様になっています。
台数的には、日本の道路事情に合うように、売れ筋のクラスは右ハンドルの取り扱い台数が多く、車種によっては右ハンドルしか選べないものもあります。

※最高級クラスの輸入車に関しては逆に、左ハンドルしかない車種も多いです。

また、正規ディーラー車の多くが、ポルシェなどの一部の車を除き、トランスミッションはオートマチックになります。
 

並行輸入車とは

販売権を持ち、日本で輸入車を販売している正規販売代理店から輸入車を購入するのではなく、個々の輸入経路を使って輸入し、販売された輸入車を並行輸入車と呼びます。

日本の正規ディーラーで手に入らない車種や仕様、カラーなどの車が欲しい場合は、並行輸入車を手に入れる方法しか、基本的にはありません。

車は本国使用なので、本国が右側走行の場合は、左ハンドル車になります。

また、日本で正規ディーラーより販売されている車の場合は、正規ディーラーよりも安価で購入できるケースがあるというメリットがあります。

そのかわり、正規販売代理店におけるメンテナンスなどのサポートは、基本的に受けられないというルールになっています。(例外もあります)

また、新車だけでなく、中古車の並行輸入車というものも存在します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ