輸入車は維持費用が高いのか?

一般的に、輸入車は購入費用も高いが、その後の維持費も高いといいます。
これは事実なのでしょうか?

実は「維持費が高い安い」と一言でいいましても、色々な角度から見ることが出来ます。
ここではその中の、2つの見解をご紹介しましょう。
 

一番高いのは、ガソリン代かもしれません

国産vs輸入車という形で、車種を限定せず比較するとしたら、輸入車の維持費面で、「高い」と一番目に付くのはガソリン代だと思います。

今、国産車はエコロジー路線をまっしぐらです。
ミニバンにせよ、軽にせよ、ハイブリッド車にせよ、CMを見れば分かるとおり、「燃費の良さ」を前面にアピールしています。

それにひきかえ輸入車は、燃費が良い事を前面に出してCMを作っているものを、かつて1車種しか私は見たことがありません。

それだけ、国産車と比較すると燃費が悪い車種が多いのです。
つまりは、多くの輸入車は、ガソリン代が高くつくということです。

年間走行キロ数が多い方は、輸入車の維持費はガソリン面で高くつくと思って間違いないかと思います。
 

修理代・部品代について

これに関しては、輸入車保有経験がない方々が、想像しているほどのものではないと考えます。

国産車も高年式になり、走行距離数も多くなってくれば、色々なところが故障します。輸入車も同じです。

そしてそこでかかる費用というのは、多少の差はあるものの、維持費用が高くなるのでは?と心配するレベルではないと思います。
 

輸入車ならではの2つの注意点

しかし注意したい点が2点あります。まずは、故障が多いメーカーというのが存在するということ。

輸入車全てが丈夫なわけではなく、故障しやすい車や、日本の気候や風土に合わない車があるのです。

修理費用や部品代がそこまででもないとしても、頻繁に壊れれば、もちろん維持費は大変です。
 
次は、高年式の車の修理についてです。
車が古くなると、その車を所有している人口が減っていきますよね。

日本の家電と同じとまではいいませんが、そのモデルが日本で発表されて10年くらいは大丈夫かと思いますが、それ以上古くなっていくと、故障の場所によっては、部品を本国から取り寄せなければならなくなるケースが多いのです。

そうると、修理に時間がかかる上、部品代が高くつくという結果になります。人気車種ならまだいいかもしれませんが、不人気車だったりすると、この危険性は高まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ