電話や勧誘がしつこい買取業者対策

中古車買取のオンライン一括査定は、輸入車の売却を考えるオーナーにとって、大変便利な査定額比較手段です。
しかし、中古車買取専門業者にとって、このオンライン一括査定は立派な営業手段。

自社の暫定査定額を、車のオーナーに教えてあげるボランティアではありませんから、オンライン一括査定の後が勝負です。

その後、コンタクトがあった車のオーナーに連絡を取ってくるのは普通で、それがかなりしつこいケースもあります。
売却勧誘がしつこい買取業者は、どのように対策をすればよいのでしょうか?
 

最初のオンライン一括査定情報入力がポイント

オンライン一括査定をするにあたり、車の情報と共に、あなたの個人情報も記入します。ここでまず、おすすめしたいのは、自宅や携帯の電話番号を記入しないということです。

これを書いてしまいますと、査定をお願いする気もない業者からも、いつまでもいつまでも電話での勧誘が続いてしまう可能性があります。

可能なら、住所も書かない方が良いかと思います。自宅に直接来られては、面倒です。
ファーストコンタクトは、メールで済ませるのが無難でしょう。
 

実際に査定をした後、しつこい業者の場合

実際に愛車の査定をお願いするとなると、通常は、住所などの情報を開示しなければならなくなってきます。

業者側からすると、オンライン一括査定から入ってきたお客様が、実際に査定を依頼してくるという事は、つまりは「売却の脈あり」なのです。

その為しつこく、「うちに買い取らせてください。」と猛攻撃をしてきます。

でもこれに関しては是非、良い方向性で捉えてください。
あなたの愛車は、そこまでしても業者が手に入れたい「良い車」「売れる車」なのです。

しつこければしつこいほど、中古車市場でのあなたの車の価値があるという事なのだと思います。

その場合はポジティブに、更に高値の査定額を出してくれるところを探してみるのも一つの手段です。

「今日、うちに決めてくれれば、この金額出します!」と言う業者がいますが、これはお決まりの文句です。
気持ちを流されないように、良い業者を見極めましょう。

もう売る気はない業者がしつこい時は、「他の業者に売却を決めたので。」とキッパリお断りすればOKです。

それでも食い下がってくる業者もいますが、
金額的な面や信頼性で折り合いがつかないのであれば、はっきり断り続けましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ