下取りの落とし穴 ディーラーで下取りに出す前に知っておきたい2つの事

いつもあなたは、車を買い替えるとき、今まで乗っていた愛車をどうされていますか?
新しい車を買うディーラーに、下取りでお願いしている方も多いかと思います。

あなたがいつも行っている車の下取り。実は、思わぬ落とし穴が潜んでいます。
 

新車の値引き調整に使われてしまう

分かりやすく、例を出します。
たとえば、あなたが300万円の車体価格の輸入車を、購入する事になったとしましょう。今乗っている愛車の相場引き取り価格は、100万円だったとします。

営業マンが新車の車体本体価格を「50万円値引きしますよ。」と言うのと、愛車の相場引き取り価格を「150万円で下取りします。」

と言うのは、消費税など細かいものを除けば、車のオーナーからすれば、ほぼほぼ同じ事を言っている事になります。

営業マンは、これを巧みに操ります。

例えば、新車の車体本体価格を「50万円値引きしますよ。」と言ってオーナーを喜ばせておいて、相場引き取り価格100万円の愛車を80万円で引き取る。

そうすると実質、新車の車体本体値引きは30万円という事と、イコールになってしまうのです。

新車の車体本体値引きと、下取りによる買取価格差し引き部分の金額の提示には、事実上の垣根はなく、営業マンが下取り金額を高めに伝え、本来ならできるはずの車体本体の割引率を下げて帳尻を合わせる。

もしくはその逆を行うことが、容易にできてしまうのです。
 

別のメーカーの車

購入する車と、手放す車が同じメーカーであれば下取りも悪くはないのですが、例えば、今現在の所有車がBMWで、新しく購入する車がアウディの場合、買取側のディーラーは、下取りした車の販売先に困ってしまいのが実情なのです。

アウディの認定中古車販売フロアに、BMWの中古車が置いてあっても、買いに来るお客様の大半は、普通にアウディが欲しくて認定中古車を見に来ているのですから、そう簡単に売れません。

売りたければ、市場相場よりこの下取りしたBMWの価格を下げるしかないでしょう。

または、別の業者にBMWの販売を委ねる為、横流ししなければなりません。
そうなると自ずと、下取り金額が下がってしまうのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ