並行輸入車と正規ディーラー それぞれのメリットデメリット

日本で走っている輸入車の購入ルートの一般的なものは、正規ディーラー(中古車も含む)経由、並行輸入経由(中古車も含む)の2つのルートがあります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、まとめてみました。
 

正規ディーラー経由で輸入車を購入する場合

正規ディーラー経由で、輸入車を購入するデメリットはただ一つ、並行輸入車よりも、車体本体価格が割高ということです。

それ以外の点については、補償の面、メンテナンスの面など様々な事を考えても、並行輸入車よりもメリットが多くあります。
 

並行輸入経由で輸入車を購入する場合

メリットは、日本国内で正規ディーラーが存在せず、手に入れることが困難な車を乗りたいという希望を実現できる点です。日本では、全ての外国車が手に入る訳ではありません。

例えば、日本でたくさん走っているドイツ車だって、海外へ行って見てみれば一目瞭然。見たこともない車種は、いっぱい存在します。

これらを、日本で乗るためには、やはり並行輸入というルートが現実的でしょう。

また、日本で正規ディーラーより販売されている車の場合は、正規ディーラーよりも安価で購入できるケースがあるというメリットがあります。

ただし、並行輸入車を購入するにあたり、正規ディーラーでは、メンテナンスを断られるケースが多いので、購入後のメンテナンスまでサポートしてくれる販売店で購入する必要があります。
 

並行輸入のデメリット

並行輸入経由のデメリットは、今、挙げましたメンテナンスの部分および、故障の際の部品調達が難しい、手放す際の査定額は、かなり低くなってしまうなど、色々考えられます。

最終的に、正規ディーラーで購入するよりも、高くついてしまったという話も耳にします。
自動車任意保険に加入できないというケースも珍しくありません。

また、並行輸入で中古車を買う場合、その車の素性と言いましょうか?どこの国で、どのぐらい走行して、事故歴の有無は…など全て、まったく分かりません。

メーターは全然あてになりませんし、当然補償もありませんから、すぐに壊れてしまう可能性もあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ