シムフォートと一緒に実践したい、ヘアケア&生活習慣のポイント

シムフォートと一緒に実践したい、ヘアケア&生活習慣のポイント

シムフォートと一緒に実践したい、ヘアケア&生活習慣のポイントをまとめました。

 

炭酸泡シャンプーを使うときの注意点

炭酸泡シャンプーを使う時の注意点についてお伝えします。

 

まず、大量に使っても効果が出るものではないこと、すぐに効果が出るものではないということを意識して継続して利用することが大切です。

 

ヘアケアの考え方として、髪の毛の生え変わる周期を考慮すると、効果を実感できるまでには3か月ほどかかります。

 

この時期は毛の周期によって変わるものであり、たくさん使ったからといって効果が上がるものではありません。

 

そのため、少し使って効果を実感しにくくとも半年ほどは継続してみることが大切です。
また、頭に不調を感じたら無理しないようにしてください。

 

シムフォートは一般の炭酸泡シャンプーに比べてマイルドなつくりにはなっていますが、泡はかなり濃密ですし、未体験の人が毎日使うと肌の状態によっては不調を感じることがあるかもしれません。

 

そのような場合は週3回くらいの利用にして、少しずつ慣らしていくのが好ましいです。

 

 

髪の負担を最小限におさえるためのヘアケアのポイント

髪の負担を最小限におさえるためのヘアケアのポイントです。

 

ヘアケアの観点から、カラーリングやパーマは皮膚に好ましい影響を与えません。

 

経験のある方ならわかると思いますが、カラーリング液やパーマ液がつくとひりひりとした感じがします。

 

それは刺激の強いものを使っているからで、健康的なヘアケアのためには好ましいことではありません。

 

可能であれば、カラーリングやパーマはやめていただきたいですが、自分の流儀としてどうしてもやめられないという方もいらっしゃるかと思います。

 

その場合は多少値が張ってもナチュラル系・低刺激系の薬剤を選べる美容院で施術を受けることをおすすめします。

 

また、ブリーチや非常に明るい色は髪のことを考えてやめるのが賢明かと思います。

 

日常の手入れでは皮膚に負担をかけないことを意識するのが大切です。

 

例えば、夏は紫外線の影響が強いので帽子をかぶることをおすすめします。整髪料は多少であれば問題ありませんが、皮膚に負担を与えるような無理なスタイリングは控えてください。

 

正しいヘアケアのためには、洗髪時は爪を立てないようにし、シャンプーブラシ等を用いて優しく洗い上げることを意識してください。

 

ドライヤーを使う際もドライヤーを近づけすぎないように心がけ、ドライヤー後にはダメージをケアできるようなトリートメントを付けるのが好ましいです。

 

 

育毛に良い食生活と栄養のポイント

育毛に良い食生活と栄養のポイントを以下にお伝えします。

 

育毛に役立つ!積極的に取りたい食材は?

髪の8割はタンパク質であり、良質なたんぱく質と、その生成を促す亜鉛を含んだ食材を摂取することが望ましいです。

 

タンパク質は肉、魚、卵、ナッツ類等に含まれています。

 

亜鉛はカキ、レバー等に含まれています。また、ビタミンもヘアケアには重要な役割を果たします。髪の状態を整えるうえでビタミンCは欠かせませんが、イチゴやほうれんそうから摂取できます。ビタミンB群を含んでいるレバー、マグロ、アボカドは代謝を促進してヘアケアにはとても良いのです。ビタミンE群の胡麻は毛細血管を広げる働きをします。このように、日ごろ食卓に並ぶような食材から必要な栄養分は摂取できるので、とにかくバランスのいい食生活を心がけることが重要です。

 

 

育毛に良くない、ちょっと控えたい食材は?

育毛のためにはバランスの良い食事が重要なので、控えるべき食材というものは多くありませんが、栄養のない食事は好ましくありません。

 

炭水化物や脂質中心の食事だと髪を作る素となる成分が摂取できず、髪がスカスカになったり抜け毛が目立ったりするようになります。

 

ファストフードやスナック菓子は摂取を控えるべきです。

 

また、アルコールを分解するときには亜鉛を大量に消費するため、アルコールを習慣的に摂取していると髪のタンパク質生成に使う亜鉛が不足してしまいます。

 

正しいヘアケアを行うには、アルコールの過剰摂取は控えることをおすすめします。

 

シムフォートのトップへ